アプリ開発の専門会社へ依頼する前にiphoneアプリの特性を把握

androidアプリとiOSアプリ開発の比較

androidとiphoneでは開発プラットフォームが異なる

androidとiphoneでは開発プラットフォームが違います。andrioidではAndroid StudioやEclipseなどの開発環境が使用され、iphoneではXcodeという開発環境が使用されます。

androidとiphoneでは開発言語が異なる

androidの開発言語はJavaとなり、iphoneではSwiftやObjective-Cという言語が使用されます。javaの方が普及はしている言語ですが、Objective-Cの方が習得しやすい言語といわれています。

iOSアプリが完成するまでの流れ

企画・仕様書づくり

アプリ開発をするにあたって、いつ誰が何のために使うアプリなのかを考えて、企画を考えていきます。また、一般的にはそのアプリが世の中でどのくらいのニーズがあるのかをマーケティング調査して、開発して利益が出るものかどうかを検証します。実際に開発を決心すると仕様書を作り、設計するためのフローチャートを記載します。

コーディング作業を行う

Xcodeを使用しながら、SwiftやObjective-Cを使用してプログラミングを行っていきます。同時に画面のデザインなども設計していきます。一般的な開発手法としては、プログラムを小さなモジュールに分けて、モジュール単位で開発します。

実機でのデバッグ作業を行う

Xcodeでプログラミングを行う際には、パソコンにエミューレーション画面が出てデバッグをしながら開発しますが、実際に実機のiphoneに組み込まないと不具合が発見できないこともあるため、実機にてデバッグ作業をやり直します。また、iphoneにもいくつかの型式があるので、全ての型式にてチェックします。

アプリ開発の専門会社へ依頼する前にiphoneアプリの特性を把握

スマホ

アプリ開発に必要な費用

iphoneのアプリ開発に必要な費用としては、アプリの規模によっても異なりますので一概には言えません。たとえば、ゲーム系であると300万円から1000万円の幅があります。カタログやフリーペーパー系であると50万円から100万円程度で、SNS位置情報系であると500万円から1000万円、ツール系であると50万円から300万円といわれています。

依頼する会社によって違う

アプリ開発会社によって、開発の費用も期間も変わってきます。それは、会社によって特徴があるからです。もちろん、androidアプリ開発が得意な会社もあれば、iphoneアプリ開発が得意な会社もあります。当然、iphoneアプリを豊富に開発した実績のある会社であれば、これまで開発した多数のプログラムモジュールを持っていますので、開発費用も安くなり短期間での開発が可能です。

広告募集中